本田のミラン移籍で新発見

 

本田のミラン移籍で新発見

最近、サッカー日本代表本田圭祐選手がイタリアのACミランに移籍したことで
どうにかしてミランの試合を見れないかなと思うくらい、
一気に注目度が高まり、まだ移籍して数試合なのに本田選手の出場試合に限らず、
放送があればチェックするようになりました。

 

そして注目して見ていると気づいてしまった、というより前からそうだったんでしょうけど、
ナイジェル・デヨング上手いな〜と思いました。
デヨングと言えばあのがっしりとした体格から想像できるように激しいマークやタックルが印象的でした。
ところが試合を1試合通して見ていると味方の攻撃の時が一番効いてるように見えたんです。
ポジショニング、トラップ、右足のインサイドパス、特にショートパスは何というかかっこよかったし、
絵になるようななんと言ったら良いのか、日本代表の遠藤選手並みのテクニシャンに見えたんです。
だから遠藤選手がガタイが良くて、タックルなどディフェンスが上手くなったようなイメージです。
その位デヨング選手の、特にインサイドパスはミランで際立ってました。
ただそれだけの理由なんですけど、もし、本田選手含むミランの主力が怪我なく、
来季のCL出場権を手にできたら多分CL優勝すような気がします。